奥の細道シリーズ

奥の細道MAP
場所 千住
現在地名 東京都足立区、荒川区
俳句 行春や 鳥啼き魚の 目は泪
俳句(かな) ゆくはるや とりなきうおの めはなみだ
句意 春が去って行こうとしているが、春との別れは人間ばかりでなく、鳥や魚も惜しむらしい。鳥は悲しげに鳴き、魚の目には泪があふれているようだ。
解説 元禄2年(1689年)3月27日、芭蕉は深川から舟で隅田川を遡り、千住大橋の北側あたりに上陸しました。そこで見送りの人々と別れるときに詠まれた句で、「矢立の初め」(旅日記の一句目)と記されています。いよいよ旅の始まりです。
■自治体リンク 足立区 http://www.city.adachi.tokyo.jp/
荒川区 http://www.city.arakawa.tokyo.jp/


戻る