奥の細道シリーズ

奥の細道MAP
場所 遊行柳
現在地名 栃木県那須郡那須町
俳句 田一枚 植て立去 柳かな
俳句(かな) たいちまい うゑてたちさる やなぎかな
句意 西行法師がかつて立ち寄った柳の下で、しばし西行法師を偲んだ。それは早乙女たちが田んぼ一枚の田植えを終わるほどの時間で、彼女たちを見送り、私も立ち去ったのだった。
解説 日光を出発した芭蕉は、黒羽に長期滞在した後、殺生石を経て、謡曲「遊行柳」で知られる柳を見に行きます。ここは尊敬する西行法師が「道のべに清水流るる柳陰しばしとてこそ立ちどまりつれ」と詠んだ所でもあり、芭蕉は深い感動に包まれました。
■自治体リンク 那須町 http://www.town.nasu.tochigi.jp/


戻る