奥の細道シリーズ

奥の細道MAP
場所 出羽三山
現在地名 山形県東田川郡羽黒町、朝日村、立川町ほか
俳句 有難や 雪をかほらす 南谷
俳句(かな) ありがたや ゆきをかをらす みなみだに
句意 ありがたいことだ。まだ残雪のある南谷の上を、薫りよい風が吹きわたっている。
解説 俳人・露丸の紹介状を携えて羽黒山に登った芭蕉は、別当代の会覚阿闍利(えかくあじゃり)に面会し、南谷の別院で慈愛のこもったもてなしを受けました。清浄な気がみなぎるのを感じて詠んだ句です。その後芭蕉は出羽三山の残る二山、月山・湯殿山にも登っています。

俳句 涼しさや ほの三か月の 羽黒山
俳句(かな) すずしさや ほのみかづきの はぐろやま
句意  
解説  

俳句 雲の峯 幾つ崩て 月の山
俳句(かな) くものみね いくつくずれて つきのやま
句意  
解説  

俳句 語られぬ 湯殿にぬらす 袂哉
俳句(かな) かたられぬ ゆどのにぬらす たもとかな
句意  
解説  
■自治体リンク 鶴岡市
(旧 羽黒町、朝日村)
http://www.city.tsuruoka.lg.jp/
■観光協会リンク 出羽三山神社 http://www.dewasanzan.jp/


戻る