奥の細道シリーズ

奥の細道MAP
場所 越後
現在地名 新潟県三島郡出雲崎町
俳句 荒海や 佐渡によこたふ 天河
俳句(かな) あらうみや さどによこたう あまのがは
句意 夜の闇の中、日本海の荒海を望むと、かなたにある佐渡島の上空に、天の川が大きく横たわっている。
解説 象潟(きさかた)から酒田へ戻った芭蕉は、日本海沿いを南下していきます。古くからの佐渡への渡航地である出雲崎で詠んだ句がこれで、黄金と流人の島・佐渡、荒波、そして夜空に横たわる天の川という3者の取り合わせに、悲痛な孤独感が感じられる名句です。
■自治体リンク 出雲崎町 http://www.town.izumozaki.niigata.jp/


戻る