奥の細道シリーズ

奥の細道MAP
場所 加賀の全昌寺
現在地名 石川県加賀市
俳句 庭掃て 出でばや寺に 散柳
俳句(かな) にわはきて いでばやてらに ちるやなぎ
句意 一夜泊まった寺を発とうとすると、庭の柳が散っているのが目に入った。せめて庭を掃いてから出発したいものだ。
解説 山中温泉に8泊した芭蕉は、同行の曽良が病を得て伊勢長島へ向かったため、以後は一人旅となりました。加賀藩の支藩・大聖寺の郊外にある全昌寺に泊まったのは、先行した曽良が泊まった翌日のこと。芭蕉は曽良と別れた寂しさを改めて感じるのでした。
■自治体リンク 加賀市 http://www.city.kaga.ishikawa.jp/
■観光協会リンク 加賀市観光情報センター http://www.tabimati.net/


戻る